モンクレールの買取について

 ダウンジャケットの最高峰【モンクレール】の古着買取のご案内です。
ダウンジャケットといえばモンクレールです。当店での人気も文句なしのトップです。私も冬になるとモンクレールばかり着てしまいます。温かいので一度着てしまうともう手放せませんね。最近はウール物のモンクレールが特にお気に入りです。
モンクレールは毎年のように新モデルが出ています。新しいモデルを購入した、サイズが合わなくなったなど着なくなったモンクレールのダウンジャケットがありましたら、是非ともジャンクウェブにお売りください。どこにも負けない査定金額で勝負しております。
夏でも冬でも査定金額は変わりません。モンクレールのダウンジャケットであれば相場価格が一番上がる12月の販売価格を基準に査定を算定しています。並行品も買取できます。お気軽にお問い合せください。

モンクレールの古着の買取はジャンクウェブにお任せください。モンクレール大好き、冬になると毎日モンクレールで過ごしている専門スタッフが査定いたします。
専門店として長年培った知識を元に、限界の査定金額にチャレンジいたします。メールや電話でお気軽にお問い合せください。
南堀江店では店頭現金買取も行なっておりますので、お近くにお住まいの方は合わせてご利用ください。

選べる3つの古着買取プランのご案内!
  • メール・電話での古着買取査定
  • 査定なしでもOK!宅配買取
  • 店頭お持込での古着買取
買い取り&お問い合わせ

モンクレール買取り強化アイテム

■ ダウンジャケット、ダウンコート、ダウンベスト、フリースジャケット、レザーダウンジャケット
■ K2、ヒマラヤ、ジルダ、ガムブルー、オービン、ROD ロッド、MAYA マヤ、デラクロア、ブルガリ、モンジュネーブル、カヌート、TIB チブ、エヴァリスト、ソーテルヌ、ナポリ、シェバル
■ ブルゾン、ナイロンパーカー、Tシャツ、ポロシャツ、パンツ
■ サンダル、スニーカー、シューズ、ブーツ、帽子、マフラー、アクセサリー
■ 別注品、限定品、Wネーム、コムデギャルソン、ジュンヤワタナベ、ビームス BEAMS、SHIPS、マスターマインド

効果買い取り

モンクレール(MONCLER)の紹介

モンクレール(MONCLER)商品画像その1
モンクレール(MONCLER)商品画像その2
モンクレール(MONCLER)商品画像その3
モンクレール(MONCLER)商品画像その4

■季節により査定金額はかわりますか?
当店ではモンクレールを夏でも冬でも季節を問わず同じ価格で買取しています。
冬物衣類の販売価格は12月の相場が一番高くなりますので、その時期の販売価格から買取金額を計算しています。
モンクレールは毎年新モデルが出るので、季節よりも流行による値動きの方が大きいです。
■並行輸入品も買取をしていますか?
並行品お断りのブランド買取店も多いようですが、当店では並行輸入品の買取もOKです。モデルによっては一部買取のできない商品もございます。お気軽にお問い合わせください。
■真贋の鑑定はしてもらえますか?
正直モンクレールについては大量に偽物が出回っています。ヤフオクで安く出回っている新品は、ほぼ偽物です。当店では長年の買取りによりモンクレールの偽物のデータを蓄積しております。しかしお客様からの真贋の問い合わせについてはお答えすることはできません。申し訳ございませんが、ご了承いただきますようお願いいたします。
■汚れたモンクレールはクリーニングした方が査定が上がりますか?
ナイロン系のモンクレール、特にオリーブやブラウン系の色の物は数回着用しただけで襟首周りや袖口が黒ずんで汚れてしまいます。これらの汚れは確かにマイナス査定となってしまいます。綺麗にしてからの方が査定価格は多少UPします。ただモンクレールのクリーニングは高額なところが多いので、その分の査定UPとなるかどうかはわかりません。
安価な方法としてはナイロン系のダウンは簡単マイペットで拭くとある程度汚れを落とすことができます。軽い汚れであればおすすめです。
またamazonでも販売しているNIKWAXダウンウォッシュもおすすめです。私も個人的に使ったことがありますが、NIKWAX+乾燥機で新品同様に綺麗になりました。なお上記のクリーニング方法は自己責任でお願いいたします。クリーニングを試してみて商品に不具合があった場合も、当店では責任を負いかねますのでご了承ください。

公式サイトMONCLER 公式サイト

直営店

  • MONCLER 東京 - 東京都港区南青山
  • MONCLER 大阪 - 阪急うめだ本店
  • MONCLER 神戸 - 大丸神戸店
-
無料査定のお申込はこちらからどうぞ!
電話:10:00〜22:00 ( 水曜日定休)
よくある質問
無料宅配キット
スタッフブログ
Junk Vintage